薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)の原因としては、一般的には遺伝的要素が大変大きいのですよ。これまでも、年齢を重ねるにつれて次第に薄くなっていく、よく言われている男性型脱毛症ともなると特に、遺伝的な体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)といわれておりてきました。DNA解析の技術が進んで見たら、やっぱり、遺伝的要素が関係するのはほぼ間違いないとされました。ですから、ある意味、生まれた瞬間から背負った宿命と言えるかもしれませんね。だからといって、遺伝的要素のみで薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)になる訳ではありませんし、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を遅らせたり改善されたりすることも不できる訳ではないんです。逆に言えば、放置すれば症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が早く進むと言う事にもなってしまいますから、できるだけ早いうちに原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を知って対策をとっておきたいものですね。薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)は、抜ける量が生える量を上回ることで起きてしまいますよね。また、生えた髪の栄養不足によって、髪が細くなってしまうことでも、髪のボリュームが落ちて薄く感じられるようになってしまうのです。つまり、脱毛を防ぐことと、髪の健康を維持する事が重要といわれているんですね。そして、髪が抜けたり髪の健康を損ねる原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)というのが、現代社会では沢山よくあるのです。 ・頭皮の汚れ ・頭皮(頭皮をケアすることをスカルプケアともいいます)の血行の悪さ ・ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか) ・睡眠不足(人によって適切な睡眠時間は違うそうです) ・栄養不足 ・喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)などでの血流内の酸素不足 ・一定しない生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう) 以上のように、そのほとんどが悪い生活習慣に由来しているのです。脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分の多い揚げ物や肉類などばかりを食べていると、頭皮(こまめにマッサージすると顔のたるみも予防できるのだとか)に脂がたまりやすくなり、それは雑菌(人間にとって邪魔になる微生物や細菌類を指します)などといった餌となりますので、雑菌(発酵食品の製造が失敗する原因にもなります)が集まって頭皮(自分でもある程度のケアはできますが、プロにやってもらうと格別に気持ちがいいものです)が詰まってしまいます。すると、毛根が酸欠になり、抜け毛が促進されてしまいますからすー